ギターの湿気対策

湿気にやられたしめった木を思い出してくれるとわかりますが、ギターの湿気へのケアはとても大事です。湿気にやられてしまったギターを弾くと音の鳴りが明らかに低下しているのがわかります。
冬の乾燥した時期と、じめじめした雨期の湿気が多い時期では明らかに、あれ?弦変えてなかったかな?
というくらい音が変わります。
ギターのネックは乾燥すると素材の木自体が縮み、その分にそりやすくなりますし、湿気が多い場合は反対がわにこれまたそりやすくなります。
乾燥剤や湿度の調整が大事なんですね。
特に高級なギターを持っている方なんかは弦と同様に湿気への気配りを欠かしません。
湿気対策の最もいい方法はショップにも置いてある加湿器や除湿器、あるいは湿気対策万全なギターケースに入れておくということでしょうが、なかなかそうも行きません。
ですからギターを弾いた後は飾っておきたい気持ちをぐっとこらえて毎回弦を緩めてギターケースにしまいましょう。
アコースティックギターでは弦を緩める緩めないと、ギタリストそれぞれにたくさんの意見がありますが、わたしの場合は緩めますね。気持ちネックにテンションを与えてあげつつ(6から10回転くらいペグを回す位)でしょうか。
乾燥した地域ならばこんなケアは必要ないでしょうが、日本では湿気対策はアコースティックギターにとっては必須のものです。
ギターの木材は常に変化しますので、楽器屋さんや専門のリペアをできる型にお願いして毎月ギターの健康状態をチェックするといいですね。湿気対策をギターが乾いた状態でする必要はないんですから、そのあたりの見極めもしてもらいましょう。
専門のリペアマンであればたたいただけで、あるいは見ただけでもギターの状態がわかるといいます。
もっと詳しくギターを追求しよう!

人気のギターや音楽のランキング
最適アコースティックギター診断
アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/42055571
アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
アコースティックギター選びのノウハウカテゴリ

アコギに関する雑記

■ギターメーカーで選ぶ
GIBSON J-45系
GIBSON
MARTIN
Taylor
Collings
Santa Cruz
個人ルシアー
タカミネ
ヤマハ

価格で選ぶ

ギターの素材で選ぶ

■おすすめギターショップ
御茶ノ水編
東京・首都圏編
近畿編
全国編
量販店編

■ギターメーカーの歴史・概要
GIBSON
MARTIN

ギターメーカー公式サイトリンク集

使用アーティストで選ぶ

音楽ジャンル・使用方法で選ぶ

年代で選ぶ

音楽・ギター最新ニュース

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。