生鳴りがするピックアップ

アコースティックギターには最初の状態ではマイクがついてはいません。このマイクのことをピックアップと呼んでいますね。

(エレアコタイプが増えてきましたから、すでに搭載しているものの多いですが)

ギターに穴を開けてボディの内部にマイクを仕込むのです。
穴を開けるのとせっかくのギターの音色が変わってしまうからいやだ!ってギタリストも多いですね。わたしは穴あけは特に問題ないと思っていますが、重要視しているのはそのマイクの質です。ボーカルマイクだってダイナミックマイクとコンデンサーマイクがあるでしょぷ?ギターのピックアップにもたくさんの種類がありますから、よりいい音を、というよりいい音を奏でるアコギのサウンドをそのまま再現できるものを付けたいなあとピックアップもあれこれ試しています。

通常のエレアコなんかに搭載しているピックアップはピエゾと呼ばれるものが多いですが、いろいろ試すうちに、どちらかというと生ギターの指が弦の上でスライドしたときにこすれる音やボディをたたく音も再現したいな、と望むとピエゾだと満足できませんでした。
そこで見つけたのがマグネティックタイプのギターピックアップです。

弦の下にマイクとなる部分を差し込んで音を拾うのですが、弱点はノイズに弱いこと。しかしそのノイズが「生」のアコースティックギターには味となっているという思いがありますから問題にしません。
ハウリング対策も施された優秀なピックップもたくさん出てきています。たとえば「M-1」というピックアップですね。

バッテリーも無用でいくらでも使用できる完全パッシブタイプのピックアップで非常に満足度が高いですね。希望があればギターに穴をあけることなく取り付けこともできるようです。

M-1を代表とするピックアップも最近のフィンガーピッカーの活躍で一気に開発が進めばよりリアルなサウンドを楽しめるなあ。 もっと詳しくギターを追求しよう!

人気のギターや音楽のランキング
最適アコースティックギター診断
アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
アコースティックギター選びのノウハウカテゴリ

アコギに関する雑記

■ギターメーカーで選ぶ
GIBSON J-45系
GIBSON
MARTIN
Taylor
Collings
Santa Cruz
個人ルシアー
タカミネ
ヤマハ

価格で選ぶ

ギターの素材で選ぶ

■おすすめギターショップ
御茶ノ水編
東京・首都圏編
近畿編
全国編
量販店編

■ギターメーカーの歴史・概要
GIBSON
MARTIN

ギターメーカー公式サイトリンク集

使用アーティストで選ぶ

音楽ジャンル・使用方法で選ぶ

年代で選ぶ

音楽・ギター最新ニュース

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。