ギター素材の組み合わせ

アコースティックギターに使用される木材には

多くの素材が使用されていますが、
ギターのボディの各部、特に、

トップと
サイド&バック

の組合せには一定の方向性があります。

アコースティックギター作りの上で、
長年培われてきたこのトップ+サイド&バックの組み合わせは、
音質や音量、特徴を現すひとつの指針になります。

ある程度のギターの鳴りを測る目安とはなるでしょう。

もちろんギターのよしあしは
こういった素材や、素材の組み合わせだけで決まっているものではなく、

1つの要因に過ぎないことを踏まえておいてください。


よくある組み合わせパターン@

スプルース トップ

マホガニー サイド&バック

さくさくした比較的明るめの音抜けの良い音質になる傾向があります。
中低音には暖かみのあるサウンドがあり、ドスンというパワー感はあまり見られません。
ハリのある高音域が特徴で、ストローク時にも邪魔くささがない、
スッキリしたギターサウンドとなりますでしょうか?

マーティンのD-18あたりが代表的なギターで、
D-28と比べたときに、非常に上記の解説がうなづけると思います。

ギブソンではJ-45・J-50
などで使われています。


よくある組み合わせパターンA

スプルース トップ

インディアン・ローズウッド サイド&バック

マーティンのD-28にはこちらの組み合わせがなされています。
重量感があり、深みのある低音で、説得力があります。
もっともスタンダード感を感じさせます。

ちょうどいい硬さを持ち、まとまりのある音がズボンと発射されるイメージです。

ギブソンではあまり見かけませんが、
ギブソンJ-45カスタムバインでは、こちらの素材の組み合わせがなされています。


よくある組み合わせパターンB

スプルース トップ

ハカランダ サイド&バック

ハカランダ(ブラジリアン・ローズウッド)
は、ローズウッドと比べると、
より硬い音と、独特の艶をもっています。

Aのパターンに傾向は似ています。
トップ材のスプルースにもハカランダにあわせてか、
グレードの高いものが使用される事が多く、
高級なギター、マーティンのゴールデンエラなどに使われていたりします。


よくある組み合わせパターンC
スプルース トップ

コア サイド&バック

カリっと芯のある整った音を奏でます。
オールコアの方がよりこのコアの特性は顕著ですが、
これはパターンとしてはそう多くないですかね。
甘い大人のサウンドです。


よくある組み合わせパターンD

マホガニー トップ

マホガニー サイド&バック

オールマホガニーの場合、
スプルーストップとの比べると、
拡がり感や鳴りに物足りなさがあるかも知れません。

高音域の鳴りが特徴で、カリカリです。
スモールタイプのギターにたまに見られる組み合わせです。


よくある組み合わせパターンE

スプルース トップ

メイプル サイド&バック

硬めで指向性の強い音質が特徴。
メイプルの機体による音質の差によっては、
やわらかさが感じられることもある。
ギブソンのSJ-200あたりのギターにしようされています。


ギター素材 アッシュ

アッシュ

北米温帯北部、ヨーロッパあたりを産地とする
ギター素材

アッシュ

サイド・バックに使用される例がある。
比重が重く、以外に硬い材で、
ギターでは
エレクトリックギターのボディ材として広く使用されている。

アタック、レスポンスに優れ、輪郭のはっきりした音。

アッシュはアコースティックギターでも
マーティンD-16シリーズで使用された事がある。

メイプルに似た特性を持っており、
軽いアッシュ
思いアッシュ
が存在し、
用途によって使い分けている。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

シダー

メイプル

コア

エボニー

ウォルナット

ナトー

ギター素材の組み合わせ

ギター素材 ウォルナット

ウォルナット

は米国東部、(主にオハイオ、ミズーリー、インディアナあたり)
カナダなどでとれるギター材。

サイド・バック・指板・ブリッジ
などのギター各部位で使用される。

太く暖かい中音域が特徴のウォルナットは、
ビシっと締まりつつも丸井輪郭の音質を引き出す。

アメリカン・ブラック・ウォルナット(北米)
サウス・アメリカン・ウォルナット(中南米)
ヨーロピアン・ウォルナット(ヨーロッパ)
アフリカン・ウォルナット(アフリカ)等

類似している種、産地はヴァリエーション豊か。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

シダー

メイプル

コア

エボニー

アッシュ

ナトー

ギター素材の組み合わせ

ギター素材 ナトー

ギターの材質名:ナトー。(属名)南洋桜。

アコースティックギターの素材の紹介

産地は東南アジア、ニューギニア等で、
日本への入荷も多い。
安価のアコースティックギターのネックなどに使用される。

ギター素材 エボニー

エボニー 日本名:黒檀(こくたん)

指板・ブリッジ材として使用。
良質のものは黒く非常に重硬で、磨くと光沢が出る。

待ってました!
エボニー!!!
指板とブリッジに使用される素材です。
あまり多く取れない木で、黒く気品があります。
強く美しい木です。
ネックの素材にもいろいろありますが、好みはエボニーです。
何故かというと、

音が前に飛びやすいイメージがあるから1

このエボニー
水に沈むほど重いです。
ギターを沈めて実験!
なんてできないので確認してませんが。

硬ければ硬いほど音が飛ぶ!
よく行くお店の人がいってました。

ガツーンと(特に低音)ギターの音が前に飛ぶんで弾いてて気持ちいいです。
僕のギターもこれです。

音響伝達性が高くて、
ローズウッドと比べると、
サスティーンも長くなる傾向にあるようです。

エボニー属はとっても種類が多くて、
その樹の種類は200以上を数えるそうです。

エボニーだからってウカウカしてると、だめーな素材にあたっちゃいますから、くれぐれも素材は参考に、
音を聞いてギターを決めていきましょう。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

ハカランダ

シダー

メイプル

コア

アッシュ

ウォルナット

ナトー

ギター素材の組み合わせ



ギター素材 コア

コア

ハワイアン・コア。サイド・バック及びトップ材として使用。音は硬く、歯切れのよいのが特徴。

コアはウクレレの材料として使用されるようになり
その後、
ギター材としても使われるように
なっていったと思われます。

昔の相方がタカミネのコアを使ってました。

エレアコだったんで特に歯切れのよさが感じられました。
見た目もちょっとおしゃれなんですよねえ。
茶色いやつです。

コアはギターの素材として使われることは少なく、
オリジナルモデル、
オーダメイドのアコースティックギターに
使われるケースが多いかと。

素材自体は高価なもののようです。

コアは中域が目立つ印象的な素材です。
比較的個体差が大きい素材で、
カリっとした硬質感の強いものから
大人の色気って感じの甘い音質を持つものまで幅広くあります。

軽量なコアの場合はは高域の音の伸びもあります。

そのあたりのコアの特徴を考えると、
タカミネのエレアコとしての使い方は、
非常に理にかなっているような気がしますね。

近年では樹木保護の為に
ハワイからの出荷が規制されていて、コア材は入手困難にもなっています。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

ハカランダ

シダー

メイプル

エボニー

アッシュ

ウォルナット

ナトー

ギター素材の組み合わせ


ギター素材 メイプル

メイプル  日本名:カエデ

優れた耐久性・強度・弾力性を持っており、サイド・バック・ネック材として使用。

音質はやや硬めで、歯切れの良さが特徴。
ということなんですが、

ギブソンのダウあたりに使われてるやつですね。
そのほかのアコースティックギターにはあまり使用されることは少ないようです。

見た目は木目が入り組んでて派手です。
弾力性があるので逆にメイプル
お手入れが大変って声も聞きます。

北米東部及び太平洋岸などで採れる材で、

ハードメイプル
堅く弾力に富み、アタック、サスティーンに優れるタイプ。

ソフトメイプル
素直なふわりとした特徴のある音響特性。

ハードメイプル
ソフトメイプルともに
音の深みはあまり来たいしないで下さい。

日本のイタヤカエデはハードメイプルの類似種。

特殊な杢が出たメイプル

フレイム・メイプル

と呼び、美しい木理で
タイガーストライプ(虎杢)と呼ばれることもあります。

杢の出方で価格が大きく変わります。

フレイム・メイプル同様、特殊な杢が出たメイプルで、
鱗状の模様がでているものを

キルテッド・メイプル

と呼びます。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

ハカランダ

シダー

コア

エボニー

アッシュ

ウォルナット

ナトー

ギター素材の組み合わせ


ギター素材 シダー

シダー  日本名:ヒマラヤスギ

トップ材として使用。
広域の抜け、バランス、が売り。
スプルースよりも柔らかめの音質で鳴りやすんだって。

アコギの場合はスプルースが素材としてはスタンダードですが、
最近アコギでもシダーが評価され出しています。

しかし、
シダーは強度が弱く安易には使えず
それ相応の作りこみを必要としています。

クラシックの場合はシダーはスプルースと双璧をなす材です。
シダーと言っても日本の杉ではなくウエスタンレッドシダーが良く使わます。

クラシックの場合はあまり良くないスプルースよりもシダーの方が好結果を招く場合が多いので
比較的ローコスト機種ではシダーを採用する場合が多くなります。

高級クラシックギターでは日本の場合は何故か殆どスプルースばかりでシダー
を使う場合が少ないのですが

欧州ではスプルースとシダーほぼ半々ぐらいで
よくシダーが使われています。

近年ではフィンガーピッキングに特化したコンセプトのアコースティックギターにも採用されるケースも増えてきました。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

ハカランダ

メイプル

コア

エボニー

アッシュ

ウォルナット

ナトー

ギター素材の組み合わせ


ギター素材 ハカランダ

ハカランダ  日本名:ノウゼンカズラ

でました!
別名ブラジリアン・ローズウッド
サイド・バック材として使用。きらびやかで艶やかな響きが特徴でございます。
ワシントン条約により輸出入が禁止!
入手困難なんだそうでございます。
と、敬語を使いたくなる素材様です。

最高級素材!!
非常に稀少な素材で、マーティンギターが良いハカランダの、
ハカランダでの生産を中止したりしてます。
既製品はどんどん高くなりそうですね。

加工前のハカランダをコンコンたたいてみると、
カーーーーーン
って、金属音がします。ヤイリの工場でたたいてきました。
そりゃ鳴るわ!!
なんて思いました。

主な産地は名前のとおり
ブラジルの北東部で、
バイヤ州・リオデジャネイロ州等です。

サイド・バック・指板・ブリッジ
と、ギター素材としての用途は多様。

インディアン・ローズウッドに比べて更に硬い音で
ハカランダのギターの深みと艶に見せられて
ハカランダ素材のマーティンあたりを愛するギタリストは多いです。

戦前のアコースティックギターにもよく使われています。

ただ、
このハカランダの価格が
どれだけギターの音質に見合っているのかは難しい問題で、
他の素材のアコースティックギターと比べてはっきりとその音の差を聞き分けられる人のほうが少ないでしょう。

ハカランダという素材のレア度にごまかされずに
気に入った音を、
一番自分に合うギターを探しましょう。


その他のギター素材の記事については

単版と合板

スプルース

ローズウッド

マホガニー

シダー

メイプル

コア

エボニー

アッシュ

ウォルナット

ナトー

ギター素材の組み合わせ


ギター素材 マホガニー

マホガニー日本名:マホガニー

マホガニーはサイド・バック・ネック材とさまざまな箇所に使用されているギター素材で音抜けもよくクリアな音質が得られるマホガニーはバランスのいいサウンドを狙うことができます。
やわらかいギターの音色を感じたらこのマホガニーを使用しているのかもしれません。
中音域が明るめの音質でアコギを弾いていて気持ちいいというイメージです。マホガニー使用のアコースティックギターではMartin18あたりが有名ですね。
軽くてさらっとした音が欲しい時はこれでしょうか?
マホガニーは古くからネックに使用されていますが、ギターのTOPにも使用されていますし、ブレイシング材としても使用されているということです。
僕は親しみを込めてマホ!と呼んでいます。
暖かくて癖のない素直な音質のギターとなりますでしょうか?

ローズウッドに較べズシンとくる重厚感は負けるものの、高音域での音の太さやハリはむしろこのマホガニーに軍配があがりそうです。
ローズウッドとマホガニーを比較すると、マホガニーを使っているアコースティックギターのほうが「明るい音質」のギターであるようです。

中南米産のマホガニーホンデュラスマホガニー
と呼ばれていて、マホガニーの中でも最上とされています。
ホンジュラスマホガニーもまた伐採禁止となってしまった木材でそういた状況もホンジュラスマホガニーを使ったアコースティックギターの高騰につながっていると考えられます。
逆に安価なモデルのアコースティックギターでは、東南アジア産のマホガニーが使用される事が多いです。

その他のギター素材の記事については

単版と合板
スプルース
ローズウッド
ハカランダ
シダー
メイプル
コア
エボニー
アッシュ
ウォルナット
ナトー
ギター素材の組み合わせ
タグ:マホガニー

ギター素材 ローズウッド

ローズウッド
日本名:紫檀(したん)

僕のギブソンギターJ-45バインインディアン・ローズウッド
サイド・バックや指板材として使用されているインディアン・ローズウッドはクリアで深みのある音を奏でてくれます。
インディアン・ローズウッドのアコギは意外と重い音をはじき出してくれますからハカランダに比べて安価ですが音の立ち上がりに関してはいいものを持っていると思います。

わたしのアコースティックギターに関していえば、音が大きいいのであります!低音域と高音域が特にかなあ。弾いた音をボディ全体で受け止めてドカンと出すようなイメージがあります。
ストローク主体の奏法にはあっているのかな?と考えています。
美しい柄にも特徴があるギター素材です。

このインディアンローズウッドという素材は最近作られた僕と同じギブソンj-45カスタムモデルには使われてないようです。ローズウッドにもたくさん種類があります。

インディアンローズウッド

インディアンローズウッドは様々なギターの部位での使用がされています。

サイドやバック材として使用された場合、適度な硬質感と重量感、深みを感じさせるローズウッドをギターの指板、ブリッジ材としての使用したときには同様の場所にエボニーを使用した場合に較べると音の輪郭が丸くゆったりとする傾向にあるようです。
特にハカランダの場合はそれが顕著です。

ブラジリアン・ローズウッド(ハカランダ)
→ハカランダの記事を参照
の場合はワシントン条約以降、神話にもなるほどのレアな素材となってしまいました。アコースティックギターファンにとっての憧れと化しています。

その他のギター素材の記事については

単版と合板
スプルース
マホガニー
ハカランダ
シダー
メイプル
コア
エボニー

ギター素材 スプルース

スプルース  日本名:エゾマツ
アコースティックギターの素材としては定番ですね。
針葉樹特有の細かでまっすぐな木目を持つスプルースは、楽器に使う木としても用途が広く響振性に優れています。
そのため細かいニュアンスからガツンとしたストロークを響かせたいギターにもよく使われています。
アコースティックギターや弦楽器のトップ材として定番の素材がスプルースです。

スプルースは上に現したように表板(トップ)によく使われていて、弾き込めば弾き込むほどにアコギの音が育っていくって感じだそうです。
見た目は、最初は綺麗な白い素材で、すがすがしいギターに思えますが、長い間ギターを使っているとその色がどんどん飴色に変わっていき雰囲気がでてきます。
ギターがだんだん焼けていくにしたがってアコギにも風格が現れていきます。この課程がギターの醍醐味ですよね。

振動材として理想的といわれているスプルースは、アコースティックギターの素材としてはスタンダードな素材で、多くのアコギに使われています。

一口にスプルースといっても産地は様々あり、それぞれ音やその響きには同じスプルースとはいえ、特徴があります。スプルースについていくつか紹介していきましょう。

シトカスプルース(北米北西部)

シトカスプルースは比較的硬い響きがあり、アコースティックギターに使われるとそのサウンドは歯切れのいい音質となります。
硬い音、柔らかい音、どちらが欲しい音なのかは自分の奏法、やりたいことを考えストロークが多いか、それともフィンガーピッキングやアルペジオのような単音弾きがおおいかも参考にするといいですね。

イングルマンスプルース(北米ロッキー山脈近辺)

イングルマンスプルースは柔らかい響きがするため優しいギターサウンドを欲している場合にはいいかもしれません。

アディロンダックスプルース
(北米ニューヨーク州アディロンダックからメイン州近辺)
ジャーマンスプルース
(ヨーロッパ)

アディロンダックスプルースにいたってはスケールの大きな鳴りを感じさせる素材です。

カタログで単にスプルースとだけ記載されている場合は上記以外の産地(ロシア、中国、日本等)で伐採された材の可能性もありますので楽器屋さんに聴いてみるといいでしょう。
またシトカスプルースは使用される頻度も高く、「シトカ」と記載していない場合もあります。

スプルースに類するアコースティックギターに使用される素材

エゾ松

エゾ松は北海道全域を産地とするアコースティックギター素材で、
スプルースにとても似た音質を持つギター材で、やはりギターのトップ材に使用されることが多い。
スプルースに比べると軽快で透明感があるが芯のある倍音が心地よいギターになるケースが多い。
ジャーマン・スプルースにもっとも近い感じだといえるらしく、ギターカタログによってはスプルースとかかれることもある。

そのほかのギター素材は

単版と合板
ローズウッド
マホガニー
ハカランダ
シダー
メイプル
コア
エボニー
タグ:スプルース

ギター素材 単版と合板

ギターの素材にもいくつかの種類がありますが、加工の方法にはボディをどのように製作するのかは、大きく分けて単板で一枚削りだしをするギターと、合板でつなげ合わせて加工するギターの2種類があります。
単板とは?
その名の通り、一本の木から削り出した板で継ぎ目がありませんん。1本の木から削り出してギターにするので一般的には高い値段がつくことが多いようです。なぜなら単板のアコギは一枚板ですので強い力が加わると木目に沿って簡単に割れてしまうという弱点があるため、強度の強い材で作られることが多く、このことは値段にも反映して高価なものになってしまうケースがあります。
(僕のアコギ、ギブソンのj-45はこのタイプです)
やはり鳴りが良いみたいです。
単板のギターは少ない材数で構成されているのでたくさん弾き込まれた単板アコースティックギターは胴鳴のよい全体が鳴りのいいギターが多いわけです。逆にあまり弾き込んでいない新品の単板ギターは例え高価だったとしても思ったほどならないケースもあります。
トップくらいは単板のアコースティックギターを選ぶのが音を優先する場合には必須条件かなと考えますが、中古のビンテージなどを選ぶならば弾き込み具合なども考慮して試し弾きしてみましょう。

いっぽう合板は木から直接削り出すのでないので耐久度としては強くなります。丈夫なギターを買って長く使いたい人にはいいギターですね。
ギターの振動としては単板に劣る面もありますが、強度の面での不安が少ないためより薄く木を削ることも可能です。ドラムなどの表面が薄いようにギターも板が薄い合板は最初から音が響きやすい特徴があります。レスポンスの早さが期待できるといったところでしょうか?
そのため当たり外れがなく安心感があります。

どちらのタイプのアコースティックギターを選ぶかは他の要素との兼ね合いになりますが、アコースティックギターの裏側をみて、単純に見た目で選んでしまうのもいいかもしれませんね。

わたしのギター選びでのこの項目の考え方は、薄くてすぐになってくれるギターというよりは、単板でポテンシャルが高く、弾けば弾くほどなってくるギターを選択したつもりです。
何十年と弾き込んでマゴに渡すくらいの気持ちで選びました。

そのほかの素材については

スプルース

ローズウッド

マホガニー

ハカランダ

シダー

メイプル

コア

エボニー
タグ:単板 合板
アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
アコースティックギター選びのノウハウカテゴリ

アコギに関する雑記

■ギターメーカーで選ぶ
GIBSON J-45系
GIBSON
MARTIN
Taylor
Collings
Santa Cruz
個人ルシアー
タカミネ
ヤマハ

価格で選ぶ

ギターの素材で選ぶ

■おすすめギターショップ
御茶ノ水編
東京・首都圏編
近畿編
全国編
量販店編

■ギターメーカーの歴史・概要
GIBSON
MARTIN

ギターメーカー公式サイトリンク集

使用アーティストで選ぶ

音楽ジャンル・使用方法で選ぶ

年代で選ぶ

音楽・ギター最新ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。