GIBSONの歴史記事一覧

ギブソン社の歴史・概要

ギブソン社(Gibson Guitar Corporation)

は主にフォークギター及び
エレクトリックギターを製造する会社であり、
業界において世界で最も著名な一社。

他に、
マンドリン、
バンジョー、
アンプ、
弦、
ストラップ、
ピックなども製造。


概説
子会社にはKramer、Steinberger、Valley Arts

及びベースギター専門のTobias,
ピアノのBaldwin、
エフェクター及びMIDI 機器製造のOberheim、
ドラム製造 Slingerland がある。

その他関係する会社として、ナッシュビルへ移動する前の従業員により設立されたthe Heritage Guitars companyがある。

その他、メンフィス (テネシー州)においても
カスタム・ギターの製造・販売を行う。

また、B'zの松本孝弘はこの会社より日本で唯一レスポールのシグネチャーモデルが製作。


来歴
その創業は、
職人であった
オーヴィル・ヘンリー・ギブソン
(Orville Henry Gibson 1856年−1918年)が
1894年ミシガン州カラマズーでマンドリン製作を始めたことに遡る。

1902年には、
販売会社として、
the Gibson Mandolin-Guitar Mfg. Co, Ltd. (ギブソン社)が設立。

オービルは、
自らの意思で経営を筆頭株主だったジョンW.アダムスらに任せ、

1908年以降、
ブランド名と彼が取得した特許の使用料として年俸$500をうけとるのみで、あたかもコンサルタントとして工場に出向いて製作上のアドバイスをすることはあったが、会社経営にはまったく関わることはなかった。

1907年から1911年にかけ、入退院を繰り返し、
1916年カラマズーを離れ再び入院し、
1918年逝去した。

1920年代から1930年代にかけ、
ギブソン社は、数々のギターのデザイン革新に貢献し、
特にモデルL5により、アーチトップ・ギターのトップ企業となった。

1936年には、
一般的には世界初コマーシャル・ベースのエレクトリックギターである
モデルES-150を発売。

1952年、
ギブソン社はギタリストのレス・ポールとの共同でソリッドギターを設計、レスポールモデルとしてフェンダー社のストラトキャスターとともに、
エレクトリックギターのスタンダードに。その後、
1950年代末においてエクスプローラー、フライングVといった突飛なデザインのものでモダニステックギターと呼ばれた。

世には出なかったがモダーンやフューチュラといったモデルが図面や極少数プロトタイプで存在する。
セミアコースティックES-335、
当時、在籍していたセス・ラヴァーの開発によりハムバッキングピックアップの導入といった数多くの革新的なギターを世に送ることとなる。

レス・ポールモデルは1960年にモデルチェンジにより、
翌年SGと言われるダブルカッタウェイと薄いボディのもの
(通称:レスポールSG)になったが、
レス・ポール本人はSGを気に入らず、ギブソンとの契約は一時途切れた。

その後、
エリック・クラプトンやピーター・グリーンなど、
有名ミュージシャンがオリジナル形状のレス・ポールモデルをこぞって使った事が要因となり、中古市場の高騰と言う強い支持の下、人気に後押しされるようにレスポール氏との再契約の上、
1968年後半に再発売となり、SGはレスポールは異なる別モデルとなった。

しかし、
残念な事にオリジナルスペックでの再発はさらに数年を必要とする事になる。
現在も生産され続けるレスポールとSGはともに、ハードロックギタリストに非常に人気がある。

1974年から1984年にかけ、
ギブソンギターの製造の中心はカラマズーからテネシー州ナッシュビルへと移行した。しかしながら、
ナッシュビルに移る事が年齢や様々な要因で出来なかった職人達が中心となってカラマズー工場の操業は続けられ、ヘリテージギターズとして、現在にいたっており、

時にヘリテージは

「もう一つの、または古き良きギブソン」

と呼ばれる事もある。

1986年ギブソン社は、

ヘンリー・ジャスコヴィッツ、
デイヴ・ベリーマン等に買収され、
新たな体制の下、会社の再編が行われて行く。

1980年代後半から1990年代には

オービル(Orville)という創業者の名に因んだ
日本におけるギブソン社公認のブランドが存在し、

日本における他社の安価なコピーモデルを牽制する理由からレスポールやSG等をギブソン社の製品より手頃な価格で日本の楽器製造業者数社で製造を行っていた。
その後オービルブランドの生産は終了し
エピフォン(Epiphone)ブランドに引き継がれた。


主な製品群

アコースティック(エレアコ)ギター
J-160E
J-200
J-45
J-50
サザンジャンボ (Southern Jumbo)

エレクトリックギター
EDS-1275
ES-335
SG
エクスプローラー (X-Plorer)
ファイアバード (Firebird)
フライングV (Flying V)
レスポール (Les Paul)

その他
アンプ

ピック
ストラップ
ピックアップ
P-90


外部リンク

GIBSON OFFICIAL FAN CLUB JAPAN
ギブソン公式サイト(英語)

アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
アコースティックギター選びのノウハウカテゴリ

アコギに関する雑記

■ギターメーカーで選ぶ
GIBSON J-45系
GIBSON
MARTIN
Taylor
Collings
Santa Cruz
個人ルシアー
タカミネ
ヤマハ

価格で選ぶ

ギターの素材で選ぶ

■おすすめギターショップ
御茶ノ水編
東京・首都圏編
近畿編
全国編
量販店編

■ギターメーカーの歴史・概要
GIBSON
MARTIN

ギターメーカー公式サイトリンク集

使用アーティストで選ぶ

音楽ジャンル・使用方法で選ぶ

年代で選ぶ

音楽・ギター最新ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。