MARTINの歴史記事一覧

マーティン社の歴史・概要

マーティン(Martin、C.F.Martin)社は、

アメリカのギターメーカー。

アコースティック・ギターのトップ・ブランドとして君臨している。

1970年代に日本の輸入代理店であった東海楽器のカタログ表記から、
日本では「マーチン」ではなく「マーティン」と表記される。

創業者は
クリスチャン・フレデリック・マーティン(C.F.Martin)。

1833年にニューヨークで工房を開くが
1839年にはペンシルバニア州に移住し、本格的にギター製作開始。

その後
00、000、D等多くのシリーズを発表。
スチール弦が張れる独自のブリッジや14フレットジョイントの採用など現在のアコースティックギターの基礎となった。

各シリーズには使用する木材や装飾の違いにより
18、28、45等のスタイルが設けられた
(例えば000シリーズのスタイル18であれば000-18、Dシリーズのスタイル28はD-28という品番が付けられている)。

近年、
ミュージシャンモデルを多く発売しており、
エリック・クラプトンモデルは大ヒットモデルとなった。

日本でも多くのギタリストから愛用されており、
キング・オブ・アコーステックギターと呼んでも過言ではない。

クラレンス・ホワイト、
ポール・サイモン、
エリック・クラプトン、
ボブ・ディラン、
ニール・ヤング

など多くのギタリストに世界中で愛用されている。


外部リンク

C.F.MARTIN


アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
アコースティックギター選びのノウハウカテゴリ

アコギに関する雑記

■ギターメーカーで選ぶ
GIBSON J-45系
GIBSON
MARTIN
Taylor
Collings
Santa Cruz
個人ルシアー
タカミネ
ヤマハ

価格で選ぶ

ギターの素材で選ぶ

■おすすめギターショップ
御茶ノ水編
東京・首都圏編
近畿編
全国編
量販店編

■ギターメーカーの歴史・概要
GIBSON
MARTIN

ギターメーカー公式サイトリンク集

使用アーティストで選ぶ

音楽ジャンル・使用方法で選ぶ

年代で選ぶ

音楽・ギター最新ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。