アコースティック ギター コード

ちょっぴりアドバイス!!

アコースティック ギター コード編


ギターを始めて間もない方があきらめる最初の壁は



だと思います。

Fのコードで使用する
バレーコード
が、アコギに限らず、ギターにとっては必須の抑え方になります。
ちょちょいっとクリアできたら後はらくになります。

様々なアコースティックギター教則本で、
抑え方のコツが書いてあるとは思いますが、

「そんなの後回しにしちゃいましょう!」
「ギターで簡単にFを抑えられるようになる技!書いちゃいます」


と、大げさに書きましたが、たいしたことじゃないです。
ギターをあきらめる前に、
いったんFはおいといて、

もう少し楽に抑えられる

Bmあたりを練習してみましょう

僕がアコースティックギターを始めたときはそうでした。
BmならFと比べて比較的楽に抑えられませんか?
別に他のバレーコード、
5フレットのAmでも、
7フレットのEmでも
なんでもいいです。
やりやすいところからやりましょう。

Bm等のバレーコードを覚えたら
バレーコードに恐怖心が少しなくなります。

その上でもう一度Fを抑えてみましょう。
一度お試しください。

ギター教室@

ギターテクニックにも触れてみよう!!

て、事で、

ギター教室開始!!

「ギター選びのノウハウはもういいから!」
「俺、もう買ったから!」

という方のためのギター教室のコーナー!

「初心者のための

   ギター教室

ギター教室はちょっとずつ記事をアップしていきます。
お楽しみに!!

※なお、ギター教室ではギターに関する質問も受け付けて行きます。



アコースティックギター選びのノウハウHOMEへ
アコースティックギター選びのノウハウカテゴリ

アコギに関する雑記

■ギターメーカーで選ぶ
GIBSON J-45系
GIBSON
MARTIN
Taylor
Collings
Santa Cruz
個人ルシアー
タカミネ
ヤマハ

価格で選ぶ

ギターの素材で選ぶ

■おすすめギターショップ
御茶ノ水編
東京・首都圏編
近畿編
全国編
量販店編

■ギターメーカーの歴史・概要
GIBSON
MARTIN

ギターメーカー公式サイトリンク集

使用アーティストで選ぶ

音楽ジャンル・使用方法で選ぶ

年代で選ぶ

音楽・ギター最新ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。